前へ
次へ

感謝の気持ちを表す七五三の内祝い

七五三とは、3歳5歳7歳を迎えた子供への成長をお祝いする行事のことです。昔は医療が発達していなかったため、子供が健康に成長していくことをそれぞれの節目でお祝いしていたことから始まっています。これらのお祝いを親族や親しい人たちから頂いた場合は、内祝いをするのがマナーとなっています。これらのお祝いには、晴れ着やお菓子などが贈られることが一般的です。それらのお返しが内祝いであり、頂いだ額の半額程度を贈ることとなります。また七五三のお祝いの席を設けて、食事をふるまうことも内祝いとなります。いずれにせよ子供が主役のお祝いであり、子供からの感謝の気持ちが添えられるとなお素晴らしいでしょう。子供の成長を見守る人たちに対しての、ささやかな贈り物が内祝いなのです。

Page Top