前へ
次へ

七五三の内祝いにつけるお礼状について

七五三の内祝いへのお礼は一般的には不要といわれています。その理由は、内祝いというと「お祝いのお返し」と思われていますが、もともとは内(家内)での祝い事のお裾分けとして配るものという意味合いだからです。ですので、内祝いをいただいた場合はまず感謝の気持ちを伝えるためにお礼状を書きましょう。お礼状は当日から遅くとも3日以内には出すようにしましょう。ただ金銭やいただき物をして、どうしてもお返しが必要な場合は、赤飯や千歳飴を配るか、金額の1/3程度の実用品でお返しを当日もしくはなるべく早くにします。その際はお礼状とともに晴れ着姿のスナップ写真等を添えるようにすると相手にも子供の成長が伝わり喜ばれると思います。

Page Top